サイパン旅行最終日

こんにちは。

御覧下さり、ありがとうございます。

笑うセールスマン777です。今回もよろしくお願いいたします。

 

さて、サイパン旅行も最終日。

急になぜ、最終日かと・・・。

2日目、3日目はパラセイルやシュノーケリング*¹をして楽しんだのです。ただ、駄目ですね。歳のせいでしょうか。これが皆が言う“楽しいかあ”と思ってしまいました。もちろん楽しいのですが、嫁のようにはどうも楽しめなくて。いかん、いかん。

 

「たへて桜のなかりせば 春のこころは のどけからまし」 とどうして藤原業平は詠んだのでしょうか。 興覚めしてしまったのでしょうか。みんなが楽しんでいるのに冷めている。私もそれに近い感じを抱いたまま、帰国の途につくのかと思っておりました。

 

サイパン最終日。半日観光。バンザイクリフ。バードアイランド、ラストコマンドポスト等を見て回りました。凄まじい銃痕の数々、焼けた岩肌、ボロボロの戦車。ガイドさんの話では日本が負け、1000人以上が亡くなったという話です。「天皇陛下、万歳」と言って亡くなった兵士から名付けてバンザイクリフ。一般の婦女子は天皇陛下、万歳とは言っていなかったとの話もありますが。お墓もあったので、南無しつつ、こんな戦争を起こしてはならないと思いました。

 

サイパン島に早くから住んでいたチャモロ族等もスペイン、ドイツ、そして日本の統治を受け、嫌な思いをしてきたのだと痛感。そのような歴史を最後に聞けたので良かった

なと感じました。最初に聞いていたら、(僕の場合)、楽しさのかけらも感じなかったでしょうが。

 

アメリカンメモリアルパークで無料で映像が見れたので見てきました。団体の中国人に先を越され結局、時間の関係上、中国語で映像を見たのですが、ガイドさんの話は当たっていました・・・。と自分一人で、さも理解した感じですが、内容は、嫁の実況中継で理解しただけです。

 

その女性のガイドさんの話の中で特に感銘を受けたのが、シュガーキングこと松江春次さんの話です。彼は会津出身で、角砂糖を日本で初めて製造し、日本がサイパンで鎮圧されるときにも米軍に「彼の銅像は壊すな」と言わしめた男*²です。ガイドさんの話をダンボのような耳で聞いてました。“大きくなっちゃった”ってわけです。なぜなら、母は会津出身だからです。この話を母にしたら、それはそれは大喜びでした。「へえ、知らなかったぁ」と。単純である。そんな母も僕の卒論*³には「ならぬものはなりませぬ」といった感じだったので、その時はしまったなぁと思いましたが、書いてしまったものは仕方がない。

 

いずれにしても、人、その島、国に歴史ありと感じられた、サイパンの旅 GREAT !!

 

 

REMARKS

*1マニャガハ島のシュノーケリングは度付きのゴーグルがあるので楽しめたが、グロットは度付きのゴーグルがないので、ほぼ魚が見れず、塩水を飲んで終わりました。目の悪い方はグロットのシュノーケリングはお薦めではないかもしれません。目が良ければ綺麗らしいですが・・・。

*2松江春次 - Wikipedia

*3卒論内容は薩摩藩当主斉彬と久光の公武合体運動について

サイパン旅行 2

おはようございます。

笑うセールスマン777、しがないサラーリーマンです。

今日も一日よろしくお願いします。

 

映画等の大体のシリーズものは、大抵1を超えるものはないのがお決まりです。

なぜ? 監督、役者等の演出側の心の中に見えない慣れや惰性があるからでしょうか・・・。1が良かっただけに観客が過度の期待をかけてしまい、その期待に演出が応えられないからでしょうか・・・? 

サイパン旅行2」 シリーズものですので、過度の期待はご遠慮を!ってそんなに見てる人いないんだっけ。あはは。

 

・・・

 

飛行機内(デルタ航空)での嫁の冷たい攻撃(ヒャド)にも、ひらりとかわしながらやり過ごしていること、約3時間。そこは島国日本と違って憧れのアメリカ。南国特有の温かな風と潮の香が凍傷になりかけた傷を癒してくれたのである。

って、サイパンも島国じゃいっ!

 

空港を出てホテルを数か所回って最後のホテル、ここが私たちの宿泊するホテル、HOTEL FIESTA。バスに乗り込んで空港から30分くらいで着くのであるが、その間、当初の予定を見直した。

元来ケチな私は、旅行前まで、マニャガハ島に行くだけのシンプルなプランを主張、後で付け足せば良いよと適当にあしらっていたが、ここに来て、嫁の逆襲が始まった。

 

嫁は空港で配られたサイパンのPDI*¹の小冊子を見て、マリンスポーツをしなければ来た意味ないと主張。先の小さいバトルを経験した私は残されたパワーでは太刀打ちできず、パラセイル、ビーチスノーケル(2日目)、グロットスノーケリング&スパ(3日目)を嫁に先取、私はサイパン半日観光(4日目)を何とか死守するにどまった。手袋をなくしたのはやはり痛かった。

 

ホテルに着き、部屋でプランの最終確認。連絡後、ホテルを出て生存にかかわる水を確保したら、もう現地はほぼ夕方。日本のDOWN TOWN綾瀬を06:30くらいに出て何もしていないのだが、Time flies-時はあっという間に過ぎる。仕方なく、夜の食事場所を探すため、ぶらぶら。

 

結局、ホテル前のチャイナレストランに入ることになった。中華料理は安くてボリュームがあるから大賛成である。チャイナレストランにいる時の嫁ほど頼りになるものはない。普段の文化の差もここではありがたみを感じる。チンゲン菜炒め、牡蠣のボイル、チャーハン、鴨肉、お米以外はすべておいしかった。余は満足じゃ。

 

その後、散歩がてら、お土産屋さんを回っている時に、急におなかが痛くなった。

「こんな時に。くぅ~。調子に乗って食べ過ぎた。」

旅に来るとつい、やってしまう食べ過ぎ。すっかりおなかが弱いのを忘れていた。

嫁にはトイレに行ってくると言って涼し気にゆっくりホテルに歩いていたが、内心は急げ、急げと猛ダッシュ。あぶない、ホテル付近で良かった。不幸中の幸いである。

 

かくして、一日目が終わった。

 

つづく

 

 

 

FYI

友人がサイパンにいて個人で来る方、並ぶのが嫌な方はFIESTA申請が良いかもしれない。お金はかかるが。ツアーの方はFIESTA申請なら入国審査に時間はかからないが、バスで待機することになるので、同じである。入国審査に約1時間待つかバスで待つかの違い。

 

f:id:smilingsalesman777:20170419124523j:plain

f:id:smilingsalesman777:20170419124816j:plain

 

*¹ PACIFIC DEVELOPMENT INC. (http://www.pdisaipan.com/)

サイパン旅行

こんにちは!

笑うセールスマン777です。

 

ブログを始めたが、いまいち使い方が分かっていない、しがないサラリーマンです。

くぅ~、あたかも東京に来る田舎者のようにあちこちいろいろ周りを見ているわけです。

 

さて、先月(3月)のことなので、書くのを躊躇ってはいたが、あるブロガーの「ちょっとしたことでも記事にして残した方が良い」的なアドバイスを見て素直にここに残しておくことにした。

 

2月はじめ、当初はハワイ旅行-- 外人がたくさんいて、芸能人がいっぱいいて、アメリカ感が半端ないという勝手なイメージでいたハワイの旅行-- を計画していたが、嫁が中国人というだけであえなく、ハワイ旅行案は却下。他の国にしようと思ったが、さまざまな国でも中国は拒否られている。

 

ほかの国と比べると日本は恵まれているなと実感。この感覚はカナダのトロントにいた時と同じ。あれは10年以上前、日本の友人からトロントからアメリカにバス旅行しようという話があがり、韓国の友人を誘ったがビザの関係ですぐには行けないという、つれない返事。あの時は非常に残念であった、と同時に感じた、”ほかの国と比べると日本は恵まれているな”と。

 

結局、事前の手続きなしで行けるアメリカを選択した結果、サイパンということになった。日時は先月の3月の12-16日の3泊4日。元来ケチな私は2泊3日を主張。数分の口論。やはり上海人の嫁は強し。日本のケチ男代表としてはもう少し粘りたかったが…ガクっ。仮に日本の嫁であってもきっと負けていたけど。嫁は偉いのである。

 

サイパン旅行初日、低血圧の嫁を起こし、何かと「急げ、急げ」と言ってリードしていたが、空港に到着し、荷物検査の時にある物がないことに気づく。さすがにパスポートであるはずはない。しかし、「ないっ。ないっ…(汗)」

右のポケット、次に左のポケットを探してもない。手袋がなかったのである。

手袋がないことくらいで大の男がとお思いだろうが、それが、嫁がクリスマスに買ってくれた手袋であったら、どうであろう。

 

そもそも「クリスマスなんて、仏教徒だから関係ないっ」「クリスマスプレゼントなんか、必要ない」っと豪語していたのに、買ってくれた手袋である。「記念日は少しでも減らさなければ…」という私の心の小さな声にも気づかず、嫁が買ってくれ物である。しかも、嵌めたままスマホの画面をいじれるなかなかの優れ物。感謝、合掌しかなかっただけに、これはまずい(汗)

 

・・・

 

検査場から飛行機でサイパンに着くまで嫁のリードがあったことは言うまでもない。

冷たい視線を感じながら

 

 

 

 

The first step はじめの一歩

Yesterday, I went to TYO to play mini-football(フットサル)。

It is nice for me to play it.

but I heard someone's complaints.

because we have level's differecece and it is lack of fairness & compassion.

So I feel it hard to satisfy the everyone to do.

 

By the way, I now belong to a big company in which I can guess the dissatisfaction.

 

昨日は東京にフットサルに行きました。

ひさびさだったので良かった。

しかし、ある人の文句を聞いた。

それは当然である。なぜならレベルの違いと公平性に欠けているからである。

すべての人の不満を解消するのは難しいと思う。

 

ところで、私は現在、ある大きな会社で働いているが、そこでも不満を感じる。